Minecraft

dynmapコマンド

レンダリング
/dynmap render自分が立ってるマップの1つのタイルをレンダリングします。
/dynmap fullrender自分の場所から全ワールドのすべてのマップをレンダリングします。
(サーバーコンソールで実行した場合、そのワールドの中心から)
/dynmap fullrender [ワールド名]指定ワールドの中心からワールドの全てのマップをレンダリングします。
/dynmap fullrender [ワールド名]:surface指定したワールドの表面を全てレンダリングします。
/dynmap radiusrender [半径]自分を中心に指定半径の領域をレンダリングします。
/dynmap radiusrender [半径] [マップ名]指定したマップ名の自分の現在位置を中心に指定半径の領域をレンダリングします。
/dynmap radiusrender [world] [x] [z] [半径]指定したマップの指定した座標から指定半径の領域をレンダリングします。
/dynmap updaterenderすべてのマップに対して、更新が必要とするタイルのレンダリングを実行します。
/dynmap updaterender [マップ名]自分を起点に指定されたマップの更新が必要なタイルをレンダリングします。
/dynmap updaterender [ワールド名] [x] [z]指定されたワールドの指定座標を起点に更新を必要なタイルのレンダリングをします。
/dynmap updaterender [ワールド名] [x] [z] [マップ名]指定されたワールドの指定座標を起点に指定マップの更新を必要とするタイルのレンダリングをします。
/dynmap cancelrender [ワールド名]指定ワールドで現在実行されているfullrenderやradiusrenderをキャンセル(停止)します。
/dynmap purgequeueタイルの更新キューのクリア。

 

マーカー
/dmarker add [名前] icon:[アイコン名] set:[ラベル名]現在地にマーカーを増やします。
/dmarker add id:<id> <label> icon:<icon> set:<set-id>
/dmarker movehere [名前] set:[ラベル名]既存マーカーを現在地に移動させます。
/dmarker movehere id:[ID] set:[ラベル名]
/dmarker update <label> icon:<newicon> newlabel:<newlabel>既存ラベルの情報を更新します。
/dmarker update id:<id> icon:<newicon> newlabel:<newlabel>
/dmarker delete <label>ラベルを削除します。
/dmarker delete id:<id>
/dmarker list定義されたマーカーの一覧を表示します。

 

マップ/ワールドの設定コマンド
/dmap worldlist全てのワールド設定一覧
/dmap maplist [worldname]指定ワールドの設定を表示。
/dmap worldset [worldname] center:[<x/y/z>/<here>/<default>]指定ワールドのマップの中心位置を設定。
/dmap worldset [worldname] extrazoomout:<N>指定ワールドのマップのズーム倍率を設定。
/dmap worldset [worldname] title:[label]指定ワールドのタイトルを設定。
/dmap worldset [worldname] sendposition:[true/false] sendhealth:[true/false]指定ワールドのプレイヤーの位置表示と体力の表示設定。
/dmap worldset [worldname] order:[N]
/dmap worldreset [worldname]指定ワールドの設定を初期化
/dmap worldreset [worldname] [templatename]指定ワールドの設定を指定したテンプレに設定
/dmap worldset [worldname] enabled:[true/false]ワールドを指定してマップに表示するかしないか。

dynmapとnginxを連携してサブドメイン使用&高速化

コマンドは枠内をダブルクリックでコピペできます

nginxをインストール

キャッシュ用のフォルダを作る

ドキュメントルートを作る

設定

map.example.com.conf

設定が完了したらnginxを再起動して設定を適用

最近(systemd採用)のOS

CentOS6等

参考にしたページ:https://github.com/webbukkit/dynmap/wiki/Setting-up-with-Nginx-server-on-Centos

HawkEyeコマンドメモ

/he tool
でクリックしたブロックのログを表示するツールを出せる

ログを探す場合
/he search p:ユーザー名 t:時間(1日:1d 1時間:1h 1分:1m 1秒:1s) r:範囲(ブロック)


a1678991の25ブロックの範囲のログを3日分表示
/he search p:a1678991 t:3d r:25

ロールバックをプレビューする場合
/he preview p:ユーザー名 t:時間(1日:1d 1時間:1h 1分:1m 1秒:1s) r:範囲(ブロック)

コマンドを実行したユーザーにだけ見えるのでそのプレビューの状態に戻したいときは
/he preview apply

条件を指定し直すときは
/he preview cancel

このコマンドで直接ロールバックすることも出来ます
/he rollback p:ユーザー名 t:時間(1日:1d 1時間:1h 1分:1m 1秒:1s) r:範囲(ブロック)

間違えた時は
/he undo
でもとにもどす